江戸東京落語散歩―噺の細道を歩く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309019406
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0095

内容説明

落語ゆかりの地を深く知る絶好の“読む”案内書。日本橋「明烏」から北千住「わら人形」まで、大通りから細道や路地、そして大川から掘割、東京の随所に今も江戸が、落語が生きている。

目次

日本橋界隈とその周辺
上野を中心に
浅草近辺
隅田川流域と向島
江戸近郊

著者等紹介

柳家小満ん[ヤナギヤコマン]
昭和17年横浜生まれ。昭和35年国立東京農工大学に入学するが、八代目桂文楽に魅せられて中退し、36年入門。40年二つ目に昇進。45年NHK新人演芸コンクール最優秀賞受賞。46年文楽死去にともない、後、五代目柳家小さん門下へ。50年真打昇進、三代目柳家小満ん襲名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。