時代の声、史料の声

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309019062
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

ボクシングにのめりこんで取材した日々から、東京の戦前、戦中、そして戦後のさまざまな記録。小説とノンフィクションの関係を語りながら、たしかな体験を記述し続けた作家の、貴重な時代の証言集。

目次

ボクシングに酔い、時代に出会った―with沢木耕太郎
事実と虚構の間―with久保田正文
小説とノンフィクションの間―with和多田進
弟の癌を自らの痛みとして―with加賀乙彦
「東京の戦争」を語り継ごう―with半藤一利
「記憶にある恐怖」篇―with吉行淳之介
正月の気分―with色川武大
東京・いまとむかし―with森まゆみ
語りつぐべきもの―with城山三郎
五十年たって見えてきた戦後―with饗庭孝男

著者等紹介

吉村昭[ヨシムラアキラ]
1927年、東京生まれ。小説家。東京開成中学を肺結核のため休学。卒業後、長兄の会社で働いた後、終戦後に学習院大学中退。在学中に同人誌『学習院文芸』(後に『赤絵』)を創刊。1958年、短編集『青い骨』を刊行。『星への旅』(太宰治賞)、『深海の使者』(文藝春秋読者賞)、『ふぉん・しいほるとの娘』(吉川英治文学賞)、『冷い夏、熱い夏』(毎日芸術賞)、『破獄』(讀賣文学賞・芸術選奨文部大臣賞)、『天狗争乱』(大佛次郎賞)。他に菊池寛賞、日本芸術院賞も受賞。歴史文学、記録文学の第一人者であった。2006年、膵臓癌で逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ポン

3
『ボクシングに酔い、時代に出会った』沢木耕太郎氏と吉村昭氏のボクシングをテーマにした対談。この頃は、沢木さんもボクシングを題材に小説を書くことになるとは、思ってなかったんではないでしょうか。『一瞬の夏』の続きが読めることを楽しみにしてます。2017/06/22

厩火事

3
最初の沢木耕太郎さんとの対談に惹かれて読みました。お二人ともボクシング好きなんですね〜 あと吉村さんの作品はノンフィクションにあらず ということがわかって良かったです。2016/02/13

シュラフ

3
吉村昭と作家・学者・編集者らとの対談集。吉村昭の作品づくりの考え方も語られている。吉村昭は念入りな資料収集と事実確認を行っていくが、作品づくりの中では多くの資料について捨てた(=書かなかった)。「私はこれだけ調べました」と書きたくなるのが人の習性である。だから書いてしまうが、それが駄目なのである。あくまでも自分の書くものが大切という。吉村昭が細部にこだわったのはリアリティ追求のため。細部のリアリティがあってはじめて読み手はイメージを湧かせることができる。吉村昭が細部にこだわる理由が分かる。2012/07/22

ちゃーりー

2
内容は他著書で知っていても対話として書かれているとより一層納得させられる、未読本をボチボチと読んでいきます。2019/05/01

ラオニ

0
この手のものを読むとまた色々読みたいものが増えてきます。2016/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/361982

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。