文学報国会の時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309018577
  • NDC分類 910.6
  • Cコード C0095

内容説明

日米開戦の半年ほど後、大政翼賛の一翼を担う「日本文学報国会」が創立した。当時の文学者のほとんどが参加した総勢3000名以上もの一大組織は、なぜ生まれ、どのような活動をしたのか?その全貌を克明に追いながら、戦争の時代、社会と国民の意識を現代に問う。

目次

プロローグ 素朴な疑問
第1章 嵐の前の小事件―昭和十二年頃の日本
第2章 「ブラック・リスト」事件
第3章 「日本文学報国会」の設立
第4章 大政翼賛的な「報告会」の活動
第5章 文化統制の足おと
第6章 戦時下の作家たち
エピローグ 日本の敗戦と戦争責任

著者等紹介

吉野孝雄[ヨシノタカオ]
1945年、東京生まれ。1980年、『宮武外骨』で第7回日本ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rbyawa

0
h077、同時代の本と論文を数種類見てから見たもののどうも比較的スタンダードな内容かな…? 時代と出来事が飛び飛びで、解釈正否に関しては保留、多分同時代知識が他分野であるだけでもあれ、と思える部分も多数あり、ただそれでも一つ一つのエピソードをきちんとした形で詳細に書いていてくれるので意義は十分あるんじゃないかな。とはいえ都築久義氏の本が先のほうがいいかな…。序盤のブラックリストの話は興味深かったんですが、あれ…全然使えないよね、口調で分類したレベルでした、戦時中に実際に参考にされてはなさそう、少なくとも。2017/11/13

yui_Angelica

0
文字通り文学報国会に関することと、それに至るまでの経緯について。この時代の文学史の知識が大雑把でいいから有った方が良さそう。各種意見は大分恣意的なので、そこはすっ飛ばして資料的な纏めとして読むと良いかも2017/11/12

miyagi

0
戦時中の流れを知ろうと入門的に読んだ。 もう少し談話室等戦前の話を聞きたかったけども、勉強にはなりました。 めも・愛国百人一首の選者にキタハラ~(S17)短歌部会、評論随筆部会がやってた。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/31306

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。