形成外科診療ガイドライン 〈2〉 急性創傷/瘢痕ケロイド

個数:
  • ポイントキャンペーン

形成外科診療ガイドライン 〈2〉 急性創傷/瘢痕ケロイド

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年09月19日 01時47分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 169p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784307257152
  • NDC分類 494.288
  • Cコード C3047

出版社内容情報

EBM視点で初めて作成された形成外科領域の診療ガイドライン。

「本巻は3編で構成される。「I編:急性創傷診療」は「切創、裂創、擦過創、刺創、異II編:感染創診療」は、共通の「感染創の基本事項」を設け、重篤化するとやっかいな疾患、初期治療で重篤化を回避したい疾患を挙げた。「III編:ケロイド・肥厚性瘢痕診療」は「ケロイド」「肥厚性瘢痕」「瘢痕拘縮」「露出部位」の4項目に分けた。