検診カテゴリーと診断カテゴリーに基づく乳がん検診精検報告書作成マニュアル

個数:

検診カテゴリーと診断カテゴリーに基づく乳がん検診精検報告書作成マニュアル

  • ウェブストアに37冊在庫がございます。(2019年10月18日 16時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 88p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784307203982
  • NDC分類 495.46
  • Cコード C3047

目次

第1章 診断カテゴリーについて理解する(診断カテゴリーの新設;診断カテゴリーを新設する背景 ほか)
第2章 日本乳癌学会が推奨する「乳がん検診精密検査依頼書兼精密検査結果報告書」(乳がん検診における乳腺専門施設および精検機関の役割;日本乳癌学会が推奨する「乳がん検診精密検査依頼書兼精密検査結果報告書」 ほか)
第3章 乳がん検診手帳やブレスト・アウェアネス、乳房構成などについて(乳がん検診手帳―Personal Health Record(PHR)として乳がん検診の記録を蓄積する仕組み
ブレスト・アウェアネス ほか)
第4章 よくある質問とその答え(診断カテゴリーとは何ですか?;これまで使用してきた日本のマンモグラフィガイドラインのカテゴリーはどうなるのですか? ほか)

出版社内容情報

乳がん検診と精検機関の乳房画像検査結果を「検診カテゴリー」「診断カテゴリー」と区別し、検診・精検での診断精度向上と、診療マネジメントの均てん化を推進する一冊。