景観学研究叢書<br> 構造物の視覚的力学―橋はなぜ動くように見えるか

個数:
  • ポイントキャンペーン

景観学研究叢書
構造物の視覚的力学―橋はなぜ動くように見えるか

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784306077027
  • NDC分類 515.1
  • Cコード C3352

内容説明

認知科学の知見に基づき、人間が構造物の形態に力と動きを感じるメカニズムを解説。橋の構造デザインを志す人々に向けて新鮮な視点を提供する。

目次

第1章 認知科学とデザイン
第2章 構造物と力のイメージ
第3章 理論モデルと方法論
第4章 力と動きの認知
第5章 視覚的力学のメカニズム
第6章 彫刻と橋梁の力動性認知

著者紹介

中村良夫[ナカムラヨシオ]
東京工業大学名誉教授

篠原修[シノハラオサム]
東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学専攻教授

石井信行[イシイノブユキ]
1961年長崎県生まれ。東京工業大学土木工学科卒業。バージニア工科大学ランドスケープ学科修了。石川島播磨重工業株式会社橋梁設計部、東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学専攻助手を経て、山梨大学工学部土木環境工学科講師。工学博士