女の子の謎を解く

個数:
  • 動画あり

女の子の謎を解く

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2022年01月20日 17時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784305709509
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0095

出版社内容情報


※動画中の価格は、2021年12月当時のものです。ご注意ください。

小説や漫画、ドラマ、映画、アイドルに描かれる「ヒロイン」を読み解き、今の世の中を考察!!
「なんで男女逆転モノって少女漫画に多いんだろう」「なんで姉妹キャラって基本的にお姉ちゃんのほうが落ち着いているんだろう」「なんで大人数のアイドルって流行ったんだろう」流行りだから…と片付けずその謎を深掘りすると、世間の深層心理も、私たちが抱えている問題も、その描かれ方がすべて伝えてくれる。注目の書評家・三宅香帆が、コンテンツにおける女の子を読み解き、世の中を考察します。

【目 次】
まえがき
第一部 女性キャラクターの謎を解く――ヒロイン論
○ヒロイン像も時代とともに変わっているの?―ヒロイン像の変遷
『源氏物語』『アラジン』『ルパン三世』『サード・ガール』『新世紀エヴァンゲリオン』『失恋ショコラティエ』『風の谷のナウシカ』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『風と共に去りぬ』

○人のケアにまわるキャラって、主人公になっているの?―ケアするヒロイン
『カードキャプターさくら』『タッチ』『ノルウェイの森』『逃げるは恥だが役に立つ』『ごちそうさん』『推し、燃ゆ』

○今もシンデレラストーリーって物語で描かれているの?―働くヒロイン
『シンデレラ』『あしながおじさん』『魔女の宅急便』『ブルックリン』『映像研には手を出すな!』

○なんで姉妹キャラクターは姉が落ち着いてて妹が元気なことが多いの?―姉妹ヒロインの比喩
『となりのトトロ』『アナと雪の女王』『分別と多感』『昏き目の暗殺者』

第二部 少女漫画の謎を解く――作品論

○なぜジブリには女の子が主人公の物語が多いの?―『トーマの心臓』論
『トーマの心臓』『魔女の宅急便』

○なぜ少女漫画ではしばしば男女逆転の物語が登場するの?―大奥論
 『日出処の天子』『侍女の物語』『大奥』

○なぜ「平成の少女漫画」のヒーローは弱いの?―平成少女漫画論
 『美少女戦士セーラームーン』『こどものおもちゃ』

第三部 女性の物語の謎を解く――テーマ論

○なぜ「娘の結婚」はホームドラマの題材になるの?―娘の結婚とホームドラマ
『細雪』『麦秋』『寺内貫太郎一家』

○なぜ2010年代になって大人数のアイドルが流行ったの?―2010年代アイドル論

A

内容説明

話題の書評家が読み解くヒロイン。

目次

第1部 女性キャラクターの謎を解く―ヒロイン論(ヒロイン像も時代とともに変わっているの?―ヒロイン像の変遷;人のケアにまわるキャラって、主人公になっているの?―ケアするヒロイン;なんで姉妹キャラクターは姉が落ち着いてて妹が元気なことが多いの?―姉妹ヒロインの比喩 ほか)
第2部 少女漫画の謎を解く―作品論(なぜジブリには女の子が主人公の物語が多いの?―『トーマの心臓』論;なぜ少女漫画でしばしば男女逆転の物語が登場するの?―『大奥』論;なぜ「平成の少女漫画」のヒーローは弱いの?―平成少女漫画論)
第3部 女性の物語の謎を解く―テーマ論(なぜ2010年代になって大人数のアイドルが流行ったの?―2010年代アイドル論;なぜ「娘の結婚」はホームドラマの題材になるの?―長女の結婚と日本の家庭;最近よく見る女性ふたりの主人公が活躍する物語って、何?―シスターフッドの変遷 ほか)

著者等紹介

三宅香帆[ミヤケカホ]
1994年生まれ。高知県出身。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。大学院時代の専門は萬葉集。大学院在学中に書籍執筆を開始。現在は東京で会社員の傍ら、作家・書評家として活動中。著書の他、ウェブメディアなどへの出演・連載多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミライ

42
小説や漫画、ドラマ、映画(+アイドル)で描かれる女性について語られた一冊。女性キャラクターのヒロイン像、少女漫画の作品論、アイドルなどの女性のテーマ論の、全三部で構成される。映画やドラマ、マンガのストーリーが社会情勢に沿って変化していく模様が語られていて面白い。ジブリ女性キャラや「大奥」などの若干昔のものから、宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」とか、乃木坂46、櫻坂46など最新の小説・アイドルも題材になっているので、世代問わず楽しめると思う。2022/01/09

shikada

17
映画やドラマ、漫画に登場するヒロインに着目する一冊。この時代のこのヒロインはなぜこういう言動なのか?を深堀りしていくと、時代ごとの世相やジェンダー観が見て取れるのは面白い。本筋とは違う部分だけど、新自由主義とかケアの倫理といった(見聞きはしていたけど良く知らなかった)概念を平易にわかりやすく説明してくれていたのが良かった。脚注の作品紹介で、作品への偏愛がダダ漏れなのも好感が持てる。それにしても三宅さん、仕事をしながらどうやってこんなに膨大な作品を摂取してるんだろう…。ハーマイオニーなの?2021/12/30

ズー

15
読んだことある観たことある作品の自分にとっての新解釈が多く、面白かった。気になる作品もたくさんできた。1番ハッとしたのは最後の章の「母娘」。縦並びと横並び説。同じところを見つけて許す。すごく納得した。イグアナの娘、あまりドラマ観ないけど観てたなぁ。2021/12/29

柚木あんづ

9
「三宅香帆さん」というのと、タイトルに惹かれて読み始めた。最近、男性女性ジェンダー分けて声高に語ることにモヤモヤがあったので、その向こう側を考える視点がとても良かった。個人的にはケアの倫理について追いかけたいのもあって、ケアするヒロインの章に注目。『推し、燃ゆ』の綿棒を拾う場面の解釈とか、読んだときに感じた、生きる事への執着心というか、一筋の光の正体はこれだったのかと膝ポン!こういう本の中にお気に入りの本が出てくると解像度がグンと上がって嬉しいし、『大奥』とか『日出処の天子』とか、また読み直したくなった。2022/01/14

skr-shower

3
長女的な存在に結婚を期待し夫をたて子供を産み育て祖父母・両親(夫の方も?)のケアを担い墓守をして、働いて税金を納めろって…軟弱な(少年の心を持った)男には無理じゃない?ヒロインは時代の要請が反映されるけど、強者”男”の願望がてんこ盛りだからなぁ。少女マンガが性別を捨てて宝塚的少年に走るのは無理のない事かと。ジェンダー的にはいかんのかもしれないが、ヒロインは語ってあげたい。2022/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18910840

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。