コレクション日本歌人選<br> 春日井建―「若い定家」は鮮やかにそののちを生きた

個数:
  • ポイントキャンペーン

コレクション日本歌人選
春日井建―「若い定家」は鮮やかにそののちを生きた

  • 水原 紫苑【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 笠間書院(2019/07発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 65pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月13日 15時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 119p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784305709134
  • NDC分類 911.162
  • Cコード C0092

出版社内容情報

「建は、何かと戦うために歌ったわけではない。ただ、宿命のように血に流れて来る歌を体現したのである」



三島由紀夫に「定家の再来」と言わしめた天才歌人。

直弟子が愛と魂を込めて読み解く。

内容説明

「われわれは一人の若い定家を持つたのである」と三島由紀夫にいわしめた建の生涯を追う。『未青年』を超える世界が現れた最終歌集『朝の水』を読んだら、三島はなんというだろう。

目次

大空の斬首ののちの静もりか没ちし日輪がのこすむらさき
童貞のするどき指に房もげば葡萄のみどりしたたるばかり
海鳴りのごとく愛すと書きしかばこころに描く怒涛は赤き
ミケランジェロに暗く惹かれし少年期肉にひそまる修羅まだ知らず
火祭りの輪を抜けきたる青年は霊を吐きしか死顔をもてり
狼少年の森恋ふ白歯のつめたさを薄明にめざめたる時われも持つ
火の剣のごとき夕陽に跳躍の青年一瞬血ぬられて飛ぶ
行き交へる男女が一瞬かさなれるはかなき情死をうつす硝子戸
ヴェニスに死すと十指つめたく展きをり水煙りする雨の夜明けは
両の眼に針射して魚を放ちやるきみを受刑に送るかたみに〔ほか〕

著者等紹介

水原紫苑[ミズハラシオン]
1959年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科仏文学専攻修士課程修了。86年、「中部短歌会」に入会。以後、春日井建に師事。89年、第一歌集『びあんか』により第34回現代歌人協会賞受賞。第三歌集『客人(まらうど)』で第1回駿河梅花文学賞受賞。第四歌集『くわんおん(観音)』で第10回河野愛子賞、第七歌集『あかるたへ』で第5回山本健吉賞・第10回若山牧水賞、17年、「極光」30首で短歌研究賞を受賞。18年、『えぴすとれー』で第28回紫式部文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。