日本現代怪異事典

個数:

日本現代怪異事典

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年04月24日 08時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 500p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784305708595
  • NDC分類 147.033
  • Cコード C0539

内容説明

戦後から二〇〇〇年前後にネット上に登場する怪異まで日本を舞台に語られた一千種類以上の怪異を紹介!類似怪異・出没場所・使用凶器・都道府県別など、充実の索引付き。こっくりさん、カシマさん、口裂け女、トイレの花子さん、ベートーベンの怪、ひきこさん…など。

目次










著者等紹介

朝里樹[アサザトイツキ]
1990年、北海道に生まれる。2014年、法政大学文学部卒業。日本文学専攻。公務員として働く傍ら、在野として怪異・妖怪の収集・研究を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

戦前のこっくりさんにはじまり、

トイレの花子さん、口裂け女、ベートーベンの怪などの学校の怪談、

そして2000年前後にインターネット上で登場する怪異たちまで、

主に戦後(昭和20・1945年)の日本を舞台に語られた

一千種類以上の現代怪異を紹介する、怪異ファン必携の1冊!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件