土左日記を読みなおす―屈折した表現の理解のために

個数:

土左日記を読みなおす―屈折した表現の理解のために

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年10月22日 12時15分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784305708571
  • NDC分類 915.32
  • Cコード C0081

内容説明

きわめて特異な、屈折した表現に満ちた『土左日記』。筆記テキストを徹底的に理解しようとする文献学的アプローチによって、その表現を読み解き、貫之がなぜそのような表現を使ったのか―使わざるをえなかったのかを解明する。

目次

序論 独特の屈折した表現―貫之自筆テクストのたどった道
1 表現解析の実践例―推理小説的手法の導入
2 藤原定家の奥書を検討する
3 同じ仮名連鎖の重複を利用した複線構造―いわゆる“余りにもくだらない駄洒落”候補の検証
4 和歌の内部構造の変化が屈折した表現を可能にした
5 初読と次読
6 『土左日記』冒頭文の表現解析―女性仮託説の誕生から終焉まで

著者等紹介

小松英雄[コマツヒデオ]
出生:1929年、東京。筑波大学名誉教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

表現に隠された謎に迫る著者渾身の一冊!



きわめて特異な、屈折した表現に満ちた『土左日記』。筆記テキストを徹底的に理解しようとする文献学的アプローチによって、その表現を読み解き、貫之がなぜそのような表現を使ったのか─使わざるをえなかったのかを解明する。

はしがき

凡例

序論 独特の屈折した表現

   ―貫之自筆テクストのたどった道

? 表現解析の実践例

   ―推理小説的手法の導入

? 藤原定家の奥書を検討する

? 同じ仮名連鎖の重複を利用した複線構造

   ―いわゆる〈余りにもくだらない駄洒落〉候補の検証

? 和歌の内部構造の変化が屈折した表現を可能にした

? 初読と次読

? 『土左日記』冒頭文の表現解析

   ―女性仮託説の誕生から終焉まで

 引用文献・小松英雄執筆文献

小松英雄[コマツ ヒデオ]
著・文・その他