言語と思想の言説(ディスクール)―近代文学成立期における山田美妙とその周辺

個数:

言語と思想の言説(ディスクール)―近代文学成立期における山田美妙とその周辺

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年11月24日 09時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 284p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784305708533
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

内容説明

江戸以前の「知」、海外から流入してくる「知」―。明治期、活字メディアによる情報革命の中で、多様な「知」はさまざまに錯綜し、新たな言説は生み出されていくこととなった。その過程の総体を、山田美妙から明らかにしていく書。ある時代の言葉は、どのように運用、共有され、新たな文化として再編成されていくのか。目の前にあるテクストだけを精読しても読み取ることのできない領域が、言葉には張り巡らされている。山田美妙は言葉とどう格闘し、そこでは何が起こっていたのか。日本の“近代”の実態を炙り出す。

目次

序章 明治期の多様な「知」と日本の“近代”
第1章 美妙にとっての「詩」と「小説」―「知」と「情」との関わり(明治期の「詩」と「小説」―山田美妙の初期草稿;美妙にとっての「小説」―「蝴蝶」;『女学雑誌』の小説観―清水紫琴「こわれ指環」;「知」としてのゾライズム―「いちご姫」;江戸の「知」と西欧の「知」との融合―「武蔵野」)
第2章 言文一致再考―「文体」「文法」と「思想」の表現(「翻訳文」という文体―初期草稿から;美妙の“翻訳”―「骨は独逸肉は美妙/花の茨、茨の花」;美妙の「文法」;歴史と想像力―「笹りんだう」;言文一致論と「思想」の表現)

著者紹介

大橋崇行[オオハシタカユキ]
1978年生。作家、国文学者。上智大学大学院修了(修士)後、総合研究大学院大学修了。博士(文学)。国文学研究資料館博士研究員、岐阜工業高等専門学校一般科目(人文)科助教を経て、現在、東海学園大学人文学部人文学科講師。全国大学国語国文学会平成25(2013)年度「文学・語学」賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)