新古今時代の表現方法

個数:
電子版価格 ¥15,120
  • 電書あり

新古今時代の表現方法

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 670p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784305705143
  • NDC分類 911.13
  • Cコード C3092

内容説明

三十一字とは思えない深く広く遥かな時空を表現した新古今時代(1190‐1242)の歌のあり方とは。新古今時代の本歌取と題詠、またそこから派生し周縁に広がる問題を、この時代の歌と、歌に関わる表現方法から解き明かす。

目次

第1章 新古今的本歌取と同時代歌人の影響
第2章 『通具俊成卿女歌合』考
第3章 中世初期における女性歌人の位置
第4章 『最勝四天王院障子和歌』考
第5章 『内裏名所百首』の万葉名所歌
第6章 『光明峯寺摂政家百首』考
第7章 『隆房の恋づくし(艶詞)』の成立―歌書の再編と享受
第8章 偽装された「説話」―『今物語』
第9章 考証と資料紹介
終章

著者等紹介

渡邉裕美子[ワタナベユミコ]
1961年生。1984年お茶の水女子大学文教育学部卒業。1993年早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得中退。2008年関根賞(第2次第3回)受賞。2009年博士(文学)。現職、早稲田大学非常勤講師、宇都宮大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

●内容紹介(版元ドットコムより)
本歌取と題詠から、
何を読み解くことができるか。

三十一字とは思えない
深く広く遙かな時空を表現した
新古今時代の歌のあり方を探る。

新古今時代の本歌取と題詠について、またそこから派生し周縁に広がる問題を、
この時代の歌と、歌に関わる表現方法から解き明かす書。

●目次(版元ドットコムより)
【目次】

はじめに

第一章 新古今的本歌取と同時代歌人の影響

第一節 俊成卿女にみられる同時代歌人の影響 --『千五百番歌合』をめぐって
一 「影響歌」の定義
二 影響歌の分布
三 影響歌の分析(1)--発想
四 影響歌の分析(2)--詞・詞続き
五 影響歌の分析(3)--表現方法
六 影響歌の分析小括
七 影響歌と本歌取
八 影響歌と本歌の比較
九 影響歌と本歌の差異

第二節 俊成卿女の『源氏物語』摂取
一 御子左家の『源氏物語』尊重
二 『源氏物語』への内面的沈潜
三 定家詠との比較
四 俊成卿女の方法

第三節 俊成卿女と宮内卿の本歌取 --『千五百番歌合』をめぐって
一 『無名抄』の描く俊成卿女と宮内卿
二 『正徹物語』の記述と宮内卿の本歌取
三 宮内卿の本歌取の特色
四 俊成卿女の本歌取の特色
五 定家的本歌取と俊成卿女の本歌取

第四節 越前の本歌取 --『千五百番歌合』をめぐって
一 女房歌人越前に対する同時代の評価
二 本歌から摂取する詞の量と配置
三 新古今歌人との比較
四 本歌からの主題の転換(1)--同部立
五 本歌からの主題の転換(2)--異部立
六 慣用歌句・見立てによる詠歌
七 越前の方法
八 院政期本歌取との比較
九 新古今時代における越前の位置

第五節 新古今時代の「宇治の橋姫」詠
一 「宇治の橋姫」の典拠
二 「橋姫物語」の流布
三 六条家歌人の「橋姫」詠
四 『定家八代抄』の配列
五 定家の「橋姫」詠
六 新古今歌人の「橋姫」詠
七 まとめ

第六節 西行思慕と本歌取 --『花月百首』をめぐって
一 『花月百首』の成立
二 定家詠
三 その他の歌人詠
四 古典への視線
五 本歌取と古典書写

第二章 『通具俊成卿女歌合』考

第一節 成立と表現
一 当該歌合の概要と問題の所在
二 『明月記』関連記事の解釈
三 俊成卿女の立場
四 俊成「供出」歌の検討
五 詠歌の特徴
六 同時代歌人詠との関係
七 まとめ

第二節 注釈
一 テキストの現況と全般的な表現傾向
二 現存断簡一覧
三 注釈
四 当該歌合を出典とする可能性のある新古今集歌

第三章 中世初期における女性歌人の位置

第一節 「女の歌詠み」の存在形態 --『八雲御抄』に探る
一 「女の歌詠み」という用語
二 再構成される「女の歌詠み」の振る舞い
三 歌壇的行事における「女の歌詠み」
四 「女の歌詠み」の位置

第二節 「女の歌」という批評語
一 「女の歌」評の登場 --『古今集』仮名序小町評
二 作中主体論としての「女の歌」評
三 本質論としての「女の歌」評
四 「女の歌」評の変質
五 「女の歌」評から見えてくるもの

第四章 『最勝四天王院障子和歌』考 

第一節 後鳥羽院関連名所歌
一 研究史
二 名所の分類
三 院御所「水無瀬殿」の在所--水無瀬川
四 台盤所の隔てを飾った名所--飾磨市
五 院御所「鳥羽殿」の在所--鳥羽
六 行幸図の描かれた名所--大井川
七 後鳥羽院関連名所歌の特色

第二節 陸奥名所歌
一 「陸奥」に付された注記--『明月記』承元元年記事
二 白詩と注記の関係
三「陸奥」と「幽玄」を結ぶ
四 新しい名所の認定--安達原の場合
五、新しい本意の獲得

第三節 『伊勢物語』関連名所歌
一 『伊勢物語』関連名所の配置
二 秋の宇津山と俊成判
三 定家の詠歌
四 定家詠と『伊勢物語』章段の性格
五 定家の表現意識

第四節 テキストとしての『最勝四天王院障子和歌』
一 テキストの成立過程とその意義
二 テキストの享受
三 歌群として鑑賞するということ
四 歌群から再構成される「絵」 

第五節 基礎的考察
一 研究の現況
二 伝本一覧
三 各伝本の比較
四 まとめ

第五章 『内裏名所百首』の万葉名所歌

一 中世和歌における「風景」
二 名所詠の和歌史的展開
三『内裏名所百首』の「万葉集所名」
四 風景の構成
五 地名性溶解の危険

第六章 『光明峯摂政家百首』考

第一節 成立と「中世型組題」に関する考察
一 成立過程
二 成立の背景
三 歌題構成
四 「中世型組題」の持つ意味
五 まとめ

第二節 本文集成

第七章 『隆房の恋づくし(艶詞)』の成立 --歌書の再編と享受
一 『隆房集』諸本と問題点
二 第三種・恋づくし系諸本
三 改変の具体相--隆房自撰集から『恋づくし』へ
四 改変の方向性
五 改変の時期
六 『隆房集』の伝本分類

第八章 偽装された〈説話〉--『今物語』
一 問題の所在
二 説話の構成方法
三 『今物語』の評判--『兵範記』紙背文書

第九章 考証と資料紹介

第一節 鳥羽院皇女「高松宮」考
一 「飛礫宮」と呼ばれた皇女
二 高松宮の和歌事跡と人物考証
三 高松宮は高松院か
四 高松宮と高松院は別人
五 「高松宮」とは誰か
六 高松宮と高松院について言えること

第二節 『俊成卿女集』断簡紹介
一 新出断簡の出現
二 翻字
三 諸本との本文異同(1)
四 諸本との本文異同(2)
五 まとめ

終章

一 本歌取をめぐって
二 女性歌人をめぐって
三 題詠をめぐって
四 新古今の周縁へ

初出一覧
あとがき

Ⅰ 和歌初二句索引
Ⅱ 書名索引
Ⅲ 地名索引