日本文学からの批評理論―アンチエディプス・物語社会・ジャンル横断

個数:

日本文学からの批評理論―アンチエディプス・物語社会・ジャンル横断

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年08月25日 04時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 421,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784305704856
  • NDC分類 910.4

内容説明

「批評理論」とは、異なる分野や学問領域の研究者が、互いに意思を伝え合うことができる共通の“言語”である。国内外の論客が、ハーバード・イェンチン研究所で開催された、日本文学国際シンポジウムでの成果から、日本文学研究の現在を見据え、新たなる方法を提唱する野心的な試み。

目次

イントロダクション(日本文学、文化の記憶、権力)
アンチエディプス―精神分析の変容(物語のアンチエディプス―寺山修司・谷崎潤一郎・『源氏物語』;夏目漱石『こゝろ』におけるセクシュアリティと語り;薫型コンプレックス―『源氏物語』の思想;兄弟愛とインセスト―中上健次「秋幸三部作」をめぐって)
物語社会―歴史をどう語るか(換喩から提喩へ―『剣巻』における歴史の形象;歴史の外典か戦争機械か?―清盛のカブロと空間、噂、放浪の問題;「顔」が生成する真名本『曾我物語』―“曾我”「兄/弟」の非対称的物語;振動する非自己―村上春樹の「コミットメント」とトラウマ)
ジャンル横断―異なるものたちとの出会い(受動化する身体、見出される風景―漱石、谷崎、乱歩における「遊民」たち;“紫のゆかり”と物語社会の臨界―『源氏物語』を世俗化/マイナー化するために;歌づくりの方法論;風景和文の形成―『源氏物語』の空間の成立)
解説(日本文学からの批評理論―アンチエディプス・物語社会・ジャンル横断)あとがき(発見すること、発信すること)

著者紹介

シラネ,ハルオ[シラネ,ハルオ][Shirane,Haruo]
コロンビア大学教授/日本文学、比較文学

藤井貞和[フジイサダカズ]
立正大学教授/古代文学、言語態分析

松井健児[マツイケンジ]
駒澤大学教授/日本文学、平安文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)