笠間叢書<br> 中世日本語論攷

個数:
電子版価格 ¥13,500
  • 電書あり

笠間叢書
中世日本語論攷

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年10月02日 07時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 460,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784305103765
  • NDC分類 810.24

内容説明

史料的価値の見直しを経た既存の文献資料を用い、古代語から近代語への過渡期の変化に富む中世語を、音韻・語彙・語法や、文字の使用法などから抜本的に検討・考察してゆく。

目次

序章 中世日本語研究の意義と方法
第1章 語義・語形変化(形容詞「いか(厳)し」の消長―「いかめし」「いかめい」との関連から
語義変化に関する考察―動詞「たく(長・闌)」について ほか)
第2章 語法史(副詞「ふつに」「ふつと」考;副詞「かま(構)ひて」は「かま(構)へて」の音転か ほか)
第3章 文字・表記(半井本『平治物語』の漢字の用法について―名詞語彙を中心に;半井本『平治物語』の用字法―借字表記を中心に ほか)
第4章 鶏肋(日本語資料としての説話集―『発心集』の語彙を中心として;『発心集』のことば―中世語としての和語を中心に ほか)

著者紹介

坂詰力治[サカズメリキジ]
1940年10月、東京深川に生まれる。1968年、東洋大学大学院文学研究科国文学専攻修士課程修了。現在、東洋大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)