笠間叢書<br> 水鏡とその周辺の語彙・語法

個数:
電子版価格 ¥9,720
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

笠間叢書
水鏡とその周辺の語彙・語法

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 456,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784305103710
  • NDC分類 913.425

内容説明

近年、中世文学の中で見直されつつある、鎌倉時代初期頃の歴史物語『水鏡』は、音韻・文法の変革期を証する貴重な資料である。本書は、重要な語彙・語法がこの物語の中に存在している事を、多くの用例を求めて解析。諸本の中で、鎌倉期の古写本である「専修寺本」が、最も本文が優れていることを実証し、国語史資料として、極めて重要であることを証明する。

目次

第1部 『水鏡』の語彙・語法(中世的語彙・語法;各論)
第2部 『水鏡』周辺の語彙・語法(副助詞「とかや」;仰せられ掛く;「小一条のおとゝときこえさせ給めり」考;動詞二題;鏡物のことば;八巻本『大鏡』の性格について)
書評