風土記研究 〈第40号〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

風土記研究 〈第40号〉

  • 価格 ¥4,320(本体¥4,000)
  • 風土記研究会(2018/03発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 80pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 84p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784305003102
  • Cコード C3395

出版社内容情報

風土記研究会が編集する研究誌第40号。今号は高橋周・根来麻子・宮川優各氏の論考を掲載。

古田氏本『出雲国風土記』について―書写の史的背景と写本系統から―●高橋周

『播磨国風土記』賀毛郡雲潤里条をめぐる一考察―「云尓而已」の解釈を端緒として―●根来麻子

西海道風土記乙類歌謡の文字選択●宮川優

風土記関係書新刊・報告・予告

風土記研究会[フドキケンキュウカイ]
編集