高岡市万葉歴史館論集<br> 大伴家持歌をよむ〈1〉

個数:

高岡市万葉歴史館論集
大伴家持歌をよむ〈1〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 46判/ページ数 219p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784305002488
  • Cコード C1392

内容説明

若き家持の歌を「虚」や「もの学び」の視点から捉え、紀女郎との相聞や妻坂上大嬢へ贈った相聞長歌、また、いわゆる「歌日誌」冒頭の補遺部分に見える歌など、越中国守以前の家持を考える重要な歌を取りあげる。さらに若き家持の歌が「おもて歌」とされていた家持歌享受の実態も解明する。

目次

大伴家持の「虚」
大伴家持のもの学び
大伴家持と紀女郎との贈答歌の表現
大伴家持と坂上大嬢、夫婦愛の軌跡―『万葉集』巻八相聞長歌を中心に
「歌日誌」の序奏―巻十七冒頭補遺歌群中の家持
大伴家持の工夫―越中守以前の表記から
家持の“おもて歌”―家持歌の享受史

出版社内容情報



高岡市万葉歴史館[タカオカシマンヨウレキシカン]
編集