Safety‐1 & Safety‐2―安全マネジメントの過去と未来

個数:
  • ポイントキャンペーン

Safety‐1 & Safety‐2―安全マネジメントの過去と未来

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 00時29分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 203p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784303729851
  • NDC分類 509.8

目次

第1章 論点
第2章 起源
第3章 現状
第4章 Safety‐1の神話
第5章 Safety‐1の脱構築
第6章 変化の必要性
第7章 Safety‐2を構築する
第8章 進むべき道
第9章 最終の考察

著者紹介

北村正晴[キタムラマサハル]
1942年生まれ。東北大学大学院工学研究科原子核工学専攻博士後期課程修了。工学博士。同大学助手、助教授を経て1992年東北大学工学部原子核工学科教授、2000年同研究科技術社会システム専攻リスク評価・管理学分野を担当。2005年定年退職、東北大学名誉教授。現在(株)テムス研究所代表取締役所長。専門は、技術システムの安全性向上、大規模システムにおける人間・機械の協調、原子力技術に対する社会の受容性等

小松原明哲[コマツバラアキノリ]
1957年生まれ。早稲田大学理工学部工業経営学科、同大学院博士後期課程修了。博士(工学)。金沢工業大学講師、助教授、教授を経て、2004年4月から早稲田大学理工学術院創造理工学部経営システム工学科教授。専門は人間生活工学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)