釣りがつなぐ希少魚の保全と地域振興―然別湖の固有種ミヤベイワナに学ぶ

個数:

釣りがつなぐ希少魚の保全と地域振興―然別湖の固有種ミヤベイワナに学ぶ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月16日 11時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 153p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784303563325
  • NDC分類 487.521
  • Cコード C3040

目次

第1章 本書の理念と背景(釣りと魚と社会・経済のかかわり;研究フィールド―北海道然別湖;本書の目的)
第2章 然別湖における遊漁対象種のモニタリング(遊漁対象種の資源量推定;遊漁対象種のCPUEの標準化と資源動向の推定;遊漁によるミヤベイワナ資源の減耗の評価;ミヤベイワナ、サクラマス、ニジマスの釣られやすさの違い)
第3章 然別湖における遊漁者のモニタリング―釣り人の生態の解明(然別湖に来た釣り人の志向と動向;遊漁者の満足度と釣果の関係)
第4章 経済的視点から見た然別湖の釣り(然別湖における遊漁者の消費実態とその金額;然別湖における遊漁解禁の費用対効果―費用便益分析)
第5章 然別湖における遊漁管理と希少魚を対象とした遊漁の意義(然別湖における遊漁の持続性;然別湖における遊漁の管理指針;希少魚を対象とした遊漁の意義;まとめ)

著者等紹介

芳山拓[ヨシヤマタク]
1991年神奈川県生まれ。県立小田原高校、北海道大学水産学部海洋生物科学科を経て、2013年より北海道大学大学院水産科学院に所属。大学院では北海道然別湖の他、朱鞠内湖、洞爺湖をフィールドとして、水産資源学、魚類生態学、環境経済学といった幅広い学問分野から「釣り」をテーマとした研究を一貫して行う。2018年3月に博士(水産科学)を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。