紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人

個数:

紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人

  • 提携先に56冊在庫がございます。(2020年07月06日 05時00分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 315p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784299001405
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

どんな紙でも見分けられる男・渡部が営む紙鑑定事務所。ある日そこに「紙鑑定」を「神探偵」と勘違いした女性が、彼氏の浮気調査をしてほしいと訪ねてくる。手がかりはプラモデルの写真一枚だけ。ダメ元で調査を始めた渡部は、伝説のプラモデル造形家・土生井と出会い、意外な真相にたどり着く。さらに翌々日、行方不明の妹を捜す女性が、妹の部屋にあったジオラマを持って渡部を訪ねてくる。土生井とともに調査を始めた渡部は、それが恐ろしい大量殺人計画を示唆していることを知り―。第18回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。

著者等紹介

歌田年[ウタダトシ]
1963年、東京都八王子市生まれ。明治大学文学部文学科卒業。出版社勤務を経てフリーの編集者、造形家。2019年に『紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人』で第18回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

第18回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作!<トピックス>(1)作中に登場する特殊用紙を実際に使用した“体感型”ミステリー! 手がかりとなる“紙”を書籍に使用していますので、読み手が“紙”の肌触りなどを実際に確かめながら読み進めることができる新感覚の“体感型ミステリー”に仕上げています。(2)新聞広告、拡材など豊富に用意いたします。現在調整中ですが、大きく新聞広告を掲載する予定です。また拡材もPOP、パネルなど用途に応じてご用意いたします。<あらすじ>神保町で紙鑑定事務所を営み、どんな紙でも見分けられる男・渡部。ある日、そんな彼の事務所にひとりの女性がやってくる。「紙鑑定」を「神探偵」と勘違いした彼女は、「彼氏の浮気調査をしてほしい」と言う。手がかりはピンボケしたプラモデルの写真一枚だけ。渡部はダメ元で調査を始めるが、ある男と出会ったことで意外な真相が明らかになった。その男こそが伝説のプラモデラー・土生井(はぶい)。ごみ屋敷に住む冴えない中年だが、模型のことが絡むと驚くべき洞察力と知識で、名推理を披露する。そしてその翌日、渡部の事務所に「行方不明になった妹を探してほしい」と言う女性が、妹の部屋にあったジオラマを持って訪ねてくる。土生井とともに模型を調査していた渡部は、その中に恐ろしい大量殺人が示唆されていることを知り、真相を突き止めるため奔走する!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件