CISOハンドブック―業務執行のための情報セキュリティ実践ガイド

個数:

CISOハンドブック―業務執行のための情報セキュリティ実践ガイド

  • ウェブストアに42冊在庫がございます。(2021年02月27日 01時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 385p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784297118358
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C3055

出版社内容情報

企業はDX(デジタルトランスフォーメーション)によって変化しなければならない、しかしIT化すればするほど情報セキュリティの問題が発生! 業者に頼めばいいのか……、いや継続的に情報セキュリティの問題は起きてしまうだろう……。そう、企業がIT化を進めDXを促進すると、情報セキュリティが生命線になることは避けられないのが本当のところです。そこで欧米では技術職の視点をもった経営陣の一人としてCISO(Chief Information Security Officer)の役職が誕生しました。情報セキュリティ問題に悩むあらゆる企業の担当者の皆さんのために、本書はCISOがすべき情報セキュリティの問題解決方法を最新の情報をもとにまとめあげました。

目次

情報セキュリティの目的
情報セキュリティマネジメントの基礎知識
基本となる経営指標
情報セキュリティの指標化
モニタリングと評価手法
情報セキュリティ監査
情報セキュリティアーキテクチャ
DXと情報セキュリティ
クラウドファーストの情報セキュリティ
情報セキュリティインシデント対応と報告
製品選定とベンダー選定
CISOの責務と仕事
経営陣としてのCISOへの期待
Annex

著者等紹介

高橋正和[タカハシマサカズ]
基本ソフト、製品企画開発、品質管理などの経験を経て、1999年7月にインターネットセキュリティシステムズに入社。当時、名人芸とされたセキュリティを、ソフトウェア工学のような合理的で再現性のあるプロセスにすることを目指した。プロフェッショナルサービス事業責任者、CIO、CTOを務める。2006年Windows Vistaの発表を機会に、日本マイクロソフトChief Security Advisorに就任。日本におけるセキュリティの窓口として、脆弱性やインシデントの対応や、マイクロソフト社が提唱するセキュリティの啓発に努める。業界団体、公共団体とともに日本のセキュリティの向上を目指した取り組みも推進。ある日、サッカーに例えれば、フィールドに立っていないことに気が付く。技術が大きく動いている時期でもあり、ユーザー企業のセキュリティ担当者としてフィールドに立つことを決心し、2017年にAI系のベンチャー企業Preferred Networksに入社。執行役員最高セキュリティ責任者を務める。CISSP(Certified Information Systems Security Professional)、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)副会長、日本リスク・マネジメント学会(JSSM)執行理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。