Visual Studio Code実践ガイド―最新コードエディタを使い倒すテクニック

個数:
  • ポイントキャンペーン

Visual Studio Code実践ガイド―最新コードエディタを使い倒すテクニック

  • 森下 篤【著】
  • 価格 ¥3,058(本体¥2,780)
  • 技術評論社(2020/03発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 54pt
  • ウェブストアに102冊在庫がございます。(2020年05月28日 01時20分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 416p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784297112011
  • NDC分類 007.64
  • Cコード C3055

内容説明

意外と知らない基本機能からカスタマイズまで。TypeScript/Go/Pythonでの実践的な活用事例。拡張機能の開発、そして次世代プロトコル「LSP」。

目次

第1部 Visual Studio Codeの基本(インストールと初期設定―Visual Studio Codeを使いはじめる;画面構成と基本機能―直感的な画面に隠された多くの機能たち;ビューとコマンドパレット―多彩な情報を整理し、簡単に呼び出す ほか)
第2部 実際の開発でVisual Studio Codeを使う(TypeScriptでの開発―デフォルトで使えるフロントエンド/Web APIアプリ開発機能たち;Goでの開発―各種の開発支援ツールと連携した拡張機能;Pythonでの開発―Web API開発にも、Jupyter機械学習にも活用できる)
第3部 拡張機能の開発とLanguage Server Protocol(拡張機能開発の基本―Visual Studio Codeの拡張ポリシーとひな形の作成;実践・拡張機能開発―テキスト編集、スニペット、リント、カラーテーマ;自作の拡張機能を公開する―広く使ってもらうため必要なさまざまな事項 ほか)

著者等紹介

森下篤[モリモトアツシ]
株式会社ディー・エヌ・エー所属のエンジニア。SIのシステムアーキテクトを経て、2018年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

近年注目を集めるエディタ「Visual Studio Code」について徹底的に解説。基本はもちろん、意外と知られていないさまざまな機能、TypeScript、Go、Pythonでの開発を通した実践例、そして拡張機能開発までを扱う決定版です!