人間主義的経営―ソロメオの夢 私の人生と人間のための資本主義

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

人間主義的経営―ソロメオの夢 私の人生と人間のための資本主義

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月24日 07時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784295405290
  • NDC分類 589.2
  • Cコード C2034

内容説明

未来の経営がここにある。Amazon、Salesforce、Twitterなど世界最先端の経営者が、イタリア・ソロメオ村の企業から学ぶ理由。

目次

ソロメオ、精神の宿る村
幼年時代
私の心の大学
カシミヤの彩り
世界へ
親愛なる匠たち
輝く未来
創造物との対話
心の中の揺るぎないもの
日々の印象

著者等紹介

クチネリ,ブルネロ[クチネリ,ブルネロ] [Cucinelli,Brunello]
1953年カステル・リゴーネ(ペルージャ市)の農家に生まれる。1978年カシミヤを染める小さな会社を設立し、当初から「経済的倫理的な側面における人間の尊厳」を守る労働という理想を掲げる。1982年以来、ソロメオ村は彼の夢を実現する場所となり、人文主義者として、また企業家として、数多くの成功を生みだす工房となる。3年後、村の崩れかけた城を買取り、そこに彼の会社を置く。2000年会社の成長に伴う生産施設増設のためにソロメオ村近郊の工場を買取り、改修。情熱を持ってソロメオ村の修復に取り組み、文化と美と出会いに捧げる「学芸の広場」を建設する。2012年ミラノ証券取引所に上場。同年ソロメオ村に「職人工芸学校」創設。その「人間主義的資本主義」によりイタリア国内外から数々の勲章や権威ある賞を受けている。イタリア共和国労働騎士勲章、ペルージャ大学哲学・人間関係倫理学名誉学位、キール世界経済研究所経済賞、イタリア共和国大十字騎士勲章など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Amy

2
これが人間中心主義のマネージメントか!まさに今ビジネス界で語られていることを体現している。起業から、上場、そして今までこの思考で貫いたのは素晴らしい。哲学や宗教感は、イタリアだからこそ深いのだろうけれど、日本、中国、アラブの思想まで、広く見ていらっしゃる。回想録のようだが、手にとるようにクチネリさんの考え方が見られる貴重な一冊。色々考えさせられる。2021/09/05

Go Extreme

1
ソロメオ、精神の宿る村 幼年時代 私の心の大学:哲学は神々が私たちに授けた最も美しい贈り物である カシミヤの彩り 世界へ 親愛なる匠たち 輝く未来:思索、美、倫理の尊厳は永遠の理想の価値である 創造物との対話:高潔なるものは言葉を愛し、深遠なるものは沈黙を好む 心の中の揺るぎないもの:運命の輝きはあなたの胸の中にある 日々の印象:心ある小道だけ、私は進む 人は自らを経験する前に人間にはなり得ない 合理的な精神は神の贈り物であえり、合理的思考はそのしもべである 2021/04/20

山口 公大

1
暴走する資本主義の中で、人間的な資本主義の考え方で成功してきた経営者の回顧録が覗ける本。文章の随所から優しさがわかるし、哲学の造形が深く、人の本質を追求していく人なのがわかる。2021/04/24

とっしー

0
会社がもたらすもの。 稼ぐこと(利益) 世の中を良くするモノ・サービス(売上) 経営 過去と未来、革新と伝統、都市と田舎、あらゆるものを繋ぐ場所としての会社を考える。2021/07/25

トゥーサー

0
社会の急速な発展の中で、富の集中やハラスメント、環境問題など様々な現象が世界中に蔓延していった中で、経営という行為の価値をもう一度掘り下げ、美しさという観点が入ることによって、世の中を変えるきっかけになれると思う。経営の思考はもちろん大事であるが、根幹にあるのは道徳観や倫理観なのだろう。最近は、数字だけでなく、こうした経営の考え方も重要になってきているので、こうした動きは今後加速していくと思う一方で、自分自身としても目先のことに囚われることなく、何が一番正しいのかを考えるのが大事。2021/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17625194

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。