考えることこそ教養である

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

考えることこそ教養である

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2022年05月22日 19時20分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784295405085
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C2034

内容説明

知識を積み上げ記憶するハードディスク的な頭の良さは、もはや強みにならない。過去の蓄積でしかない知識では新しい時代に対応できないからだ。今必要なのは、知識や経験をどう組み合わせて、どう使うかを考える、いわばCPU的な頭の良さ。これこそがこれからの時代を生き抜く武器=教養となる。

目次

第1章 考えるとは「マイ・ストーリー」を描くこと(自分の頭で考える「マイ・ストーリー」;ニュースを「読む」だけでは意味がない ほか)
第2章 考えることで身につく能力(応用力が身につく―腑に落ちるまで考えることで他にも応用できる;決断力が身につく―常に考えているから答えがすぐに出る ほか)
第3章 考える「型」をつくる(川を上る―問題の本質、本当の狙いを遡って考える;海を渡る―問題の所在や解決法を、他国や他の地域と比べて考える ほか)
第4章 考える!実践問題(なぜ、牛乳パックは四角いのか?;なぜ、日本はDXで遅れをとっているのか? ほか)
第5章 考えることをあきらめない(アウェイで勝負する;フェイクニュースに惑わされない ほか)

著者等紹介

竹中平蔵[タケナカヘイゾウ]
1951年、和歌山県和歌山市生まれ。一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発銀行入行。81年に退職後、大蔵省財政金融研究室主任研究官、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年より小泉内閣で経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣などを歴任。現在、東洋大学グローバル・イノベーション学研究センター長・教授、慶應義塾大学名誉教授、世界経済フォーラム(ダボス会議)理事などを務める。博士(経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちーくん

4
「ハーベイロードの前提」という言葉がある。「人間は合理的に思考するものだ」という前提に立って考えてしまい、実際の社会にはフィットしない考え方をしてしまうことだ。人間は非合理的な事が多く、だからこそ難しい事が多い。数学のように論理を積み重ねて思考していくだけではうまくいかないのだ。「心に縁側を持て」という松下幸之助の名言も紹介されているが、これは「曖昧さを許容する心を持て」ということ。人間は非合理だからこそ、常に曖昧さを受け入れる器が大切なのだろう。2021/07/23

ゆい

3
おもしろかった。考える人にだけ見えるけしきがある、こころに縁側ん持つ、テイクアウェイを探す、川を上ると海を渡る2021/05/07

ルーシィー

3
「大学まで行った私より、義務教育しか受けていない両親のほうがよほど教養があったと今でも感じます。それは人としての正しい軸を持ち、それをもとに自分の頭で考えていたからだと思うのです。」この部分が大好きです。大変参考になりました。2021/05/01

ıɯɐɯɐ‾oʇɐs

3
知識を多く持っていることより、どう考えるがが重要だといわれる現代社会。考えるのはマイ・ストーリーを描くことだと著者。考えると何がいいのか?考える型とは?考えることを習慣にするには?このあたりが気になった人におすすめの1冊です■僕は普段から「考える」ことについて考えています。たしかにこういう流れで興味が湧くなぁと気付かされました。「考える」ことと「興味をもつ」ことは2人三脚だと思います。知りたい・なぜだろう?と思わなければ「考える」に至りません。「具体的な考える型」言語化するのは大事だなぁと2021/04/03

Go Extreme

2
考えるとは=マイ・ストーリーを描く:教育の促成栽培 世の中の問題・解けないものばかり 考えない人間を生み出す仕組み コンピタント 考える人だけに見える景色 考えることで身につく能力:応用力 決断力 発見力 ふところ アップデート 真偽の見極め 志 考える型をつくる:川を上る 海を渡る バルコニー 場所 体験 書き・話しながら 基礎 考える実践問題:牛乳パックは四角い 日本でLGBTの認知が広まらないのはなぜ 考えることをあきらめない:アウェイで勝負 フェイクニュース 対案を出す 常にユーモア 視線を未来に2021/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17438228

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。