成長マインドセット―心のブレーキの外し方

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり
  • 動画あり

成長マインドセット―心のブレーキの外し方

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年06月14日 05時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784295401865
  • NDC分類 159
  • Cコード C2034

出版社内容情報


内容説明

創業4年で株式公開、設立10年で売上高1,000億円、5年間に500店舗を実現した、人材育成ストーリー。50枚の図でわかる、人を伸ばす原理原則。

目次

第1章 成長とは何か(謎のマスターとの出会い;成長の地図 ほか)
第2章 成長を阻害する1つ目のブレーキ(悩みの本質を探る;悩み多き音楽サークル ほか)
第3章 成長を阻害する2つ目のブレーキ(人間関係の悩み;もうひとつの音楽サークル ほか)
第4章 成長を促進する1つ目のアクセル(価値観を押し付ける?;心の支えとなる言葉 ほか)
第5章 成長を促進する2つ目のアクセル(就活生の素朴な疑問;何のために働くのか ほか)

著者等紹介

吉田行宏[ヨシダユキヒロ]
株式会社アイランドクレア代表取締役。株式会社LIFE PEPPER代表取締役。株式会社POL取締役。元株式会社ガリバーインターナショナル(現株式会社IDOM)専務取締役。創業4年でガリバーを全国展開させ同社を株式公開に導く。10年で1000億円の売り上げを達成した日本でも数少ないハイパーグロースカンパニー。FC事業・経営戦略・マーケティング・人事・教育・IT・財務等の担当役員を歴任。2012年に退任するまでの18年間、一貫して人事・評価制度の構築、運営及び社員・幹部育成、教育を行い、独自の研修や育成理論を構築する。ガリバー退任後は、若手経営者の育成支援と、共同での新規事業創造のため、株式会社アイランドクレアを設立。25社以上の企業の役員、戦略顧問、出資支援を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

読書ニスタ

30
人を伸ばす原理原則。人材育成ストーリー。ガリバー社で設立10年1000億円を達成、人事育成を担当した元専務取締役。 人生哲学を土台に、行動、能力が構築されて、成果につながる。 このピラミッドが大きくなるのが成長。悩みと大きな子供の心のブレーキを外し、理念と動機のアクセルを踏み込めば、成長は加速する。 イラストが多く、具体例もあるので、わかりやすい。課長職をターゲットにしているが、それにしては子供っぽいかも。 大きな仕事をしたいという野心と実現しうる環境と信頼、何より面白がる思考が、大事だと私は思います。2020/01/05

ネロ

23
科学的な成長マインドセットを知りたかったが、ちょっと違い、成長するための心の持ちようを指南してくれるビジネスマン向け自己啓発本でした。/ブレーキの存在。何かに取り組むにあたり、無意識にブレーキをかけながら進んでいることを知る。周りに目移りせず中途半端な気持ちを一旦枠においてアクセル全開に取り組んでみる、そんな時期を限定で設けてみるのも良いのでは。行動は選択できる。昨今、転職活動が持て囃されているが、人材流出を引き止めたい側にも有益。2024/02/17

ta_chanko

23
土台となる意識・人生哲学により習慣・行動が決まり、その上に能力・スキルが築かれ、一番上に氷山の一角として成果が顔を出す。成果だけ求めてもダメ。成長を阻害するブレーキ①は、悩みや迷い。覚悟を決め、100%の当事者意識で仕事に臨む。ブレーキ②は大きな子ども。自己中心的なこと・余計なプライドや執着・トラウマ・軸がないこと。関心の輪に心乱されず、影響の輪に集中する。成長を促進するアクセル①は、自分と仕事の方向性を合わせ共通点を見出だすこと。アクセル②は、動機を可視化して明確化すること。何のため誰のために働くのか。2022/08/10

さっちん@顔面書評

18
マコなり社長のYouTubeで勧められていたので、手に取りました。学びの多い本でした。アイスバーグで一番大事なのは価値観。価値観が変われば振る舞いが変わり、振る舞いが変わればスキルが変わり、スキルが変われば結果が変わる。また、ミッション・ビジョンを支えるバリューは「大切にしている言葉」から分かるということは、目から鱗でした。 「大切にしている言葉」から自分の価値観を逆引きする事ができ、とても為になりました。 また、悩みブレーキを認識できた点も、もの凄く大きいです。これを機にブレーキ踏むの止めます。2019/10/08

シン

18
本書の最後に書いてましたが、この本は一度読んで終わりでなく、何度も読み返す本と。私もその通りだと思います。今回は「他責は100%」「結果は選択できないが、行動は選択できる」を収穫物として明日からの仕事にのぞみたい。2018/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12774683
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。