文芸社文庫NEO<br> 余命10年

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

文芸社文庫NEO
余命10年

  • ウェブストアに925冊在庫がございます。(2022年07月01日 04時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 358p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784286184920
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

20歳の茉莉は、数万人に一人という不治の病にかかり、余命が10年であることを知る。笑顔でいなければ周りが追いつめられる。何かをはじめても志半ばで諦めなくてはならない。未来に対する諦めから死への恐怖は薄れ、淡々とした日々を過ごしていく。そして、何となくはじめた趣味に情熱を注ぎ、恋はしないと心に決める茉莉だったが……。涙よりせつないラブストーリー。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

447
始めは少々読み進めるのに時間がかかるなぁと思っていたけれど和人が登場してからは一気読みしました。余命が10年とは、一番きらきらしている20代の女性にとっては残酷な告知だと思います。10年もあれば、したいことし尽くして死ねるのでは?なんて浅い考えが浮かぶのは、命に期限が設けられていないからなんだと実感。茉莉を通じて、死の恐怖や、残りの時間が少なくなる辛さや、好きな人の幸せすら願えなくなる苦しみを知って、もっと大切な人を大切にしないといけないし、感謝や愛情はストレートに、出し惜しんではいけないなと思いました。2019/04/03

カメ吉

395
余命10年という何とも分かりづらい時間に感じましたが読んでいて辛かったです。茉莉が過ごした時間が結局良かったのか?それとも辛いものだったのか?途中波がありましたがクライマックスはさすがに引き込まれました。「死」と向き合う事をいつかは考える時がくればまた再読したい作品かな。色々と考えさせられた作品。2017/10/03

三代目 びあだいまおう

389
大雨の中で懸命に鳴いている蝉がいた。限られた命の時間をムダにしたくないのだろう。本作は弱冠20歳の女性が遺伝性の難病で余命10年を宣告され、尽きる命のタイムリミットまでの【生きる】を描いた作品。虚飾も誇張もなくただ純粋に生きた余命10年。ラスト約50頁の感涙!どんな有名小説家だって紡げないリアルと感動に満ちていた。涙、落ちる涙が止まらない。命を懸け捧げた思いがもたらした顛末、そして奇跡!きっと天国で嬉しくて泣いてるだろうな!選択は間違ってなかったと!私はしっかりと生きたのだと。ただただ、ありがとう‼️🙇2020/08/17

ウッディ

318
難病で余命10年と宣告された20歳の茉莉。思い通りにならない身体と何でもできる友人への嫉妬心を持て余し、穏やかに生きようとする彼女は、同窓会で和人と出会う。一見、難病物のラノベ風展開だが、この小説を書き終えて早世した作者の死に対する真実の言葉が溢れています。「過去は変えられない。けど、未来さえも変えられない。」誰かを好きになると生に執着してしまうが、愛する喜びや輝きを知り、葛藤する茉莉の苦しさは、経験しなければ出てこない想いであり、作者が命を削って、この世に残した作品だと思えました。面白かったです。 2019/04/26

テンちゃん

280
『小坂流加様、君は人生を価値あるものにするために限られた時間を小説の中の文字に刻み、君は去っていった』⇒『生きることの意味』(○_○)!!『死と向き合うことへの恐怖』(>_<)『愛することが生きたいという希望に繋がること』(>_<)『そして別れのとき』。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。『病気であることを君は何度も否定したかっただろうね』゜゜(´O`)°゜『残された時間に向き合う君』『私の大粒の涙は、主人公の茉莉を通して君の心に届きましたか』⇒『君の命の記憶が刻まれた大切な一冊』🌟(。-`へ´-。)4.82018/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11869248

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。