北イタリア ピエモンテの小さな町々―列車による挑戦の旅

北イタリア ピエモンテの小さな町々―列車による挑戦の旅

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286030098
  • NDC分類 293.7
  • Cコード C0026

内容説明

イタリアきってのワイン産地として名高いピエモンテには、スローフードの発祥地ブラ、白トリュフの産地として知られるアルバなど、トリノを中心に美しい町が点在している。―各町の魅力と歴史をあますところなく紹介。

目次

新しいタイプの旅へ
ミラノ・マルペンサ空港からトリノ
列車に乗る
北イタリアの歴史
ポー河平野の一角、水田に囲まれた歴史あふるるヴェルチェッリ
モンフェッラート丘陵の東端、中世の戦闘的侯国カサーレ・モンフェッラート
モンフェッラート丘陵の南端、中世からの強国アスティ
ロエーロ丘陵とランゲ丘陵にはさまれたスローフード発祥の地でもあるブラ
ロエーロ丘陵とランゲ丘陵の麓、中世の塔の町アルバ
二つの川のつくった楔形台地上の清々しい町クーネオ
西方アルプスの麓、中世の侯国の面影を残すサルッツォ
海岸アルプスへの上り口にたたずむモンドヴィ
トリノの北方、厚い歴史と、繊維産業の栄えた町ビエッラ

著者紹介

河野穣[コウノミノル]
1935年生まれ。東京都出身。桜美林大学名誉教授。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)