これでいいのか!『天声人語』―すべての受験生に捧げる

これでいいのか!『天声人語』―すべての受験生に捧げる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286029665
  • NDC分類 816
  • Cコード C0095

内容説明

今でも大学入試に多く出題される『天声人語』。しかしここ数年、文章中に「引用が多すぎる」「何が言いたいのかよくわからない」「何が何だか訳がわからない」といった厳しい指摘が一般読者からも聞かれる。往年の輝きを取り戻すためにその問題点を抉り出し、分析する。

目次

史上最高のコラム(引用が多い;前段はテーマとはまったく関係がない;何が言いたいのかよくわからない;とんでもない結論 ほか)
天声人語子の素顔(天声人語子の略歴;かなりの読書家;芸術にも造詣が深い;スポーツのことはよく知らない)
入試に最も多く出題される名コラム
入試模擬テスト―これがわかればアナタはエライ!
これでいいのか!『天声人語』

著者紹介

羽生輝彦[ハブテルヒコ]
1958年9月、広島県生まれ。現在、千葉県に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)