白村江の戦い・元寇・秀吉の朝鮮侵攻―日本の対外戦争 古代・中世

個数:
  • ポイントキャンペーン

白村江の戦い・元寇・秀吉の朝鮮侵攻―日本の対外戦争 古代・中世

  • 豊田 泰【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 文芸社(2007/07発売)
  • ウェブストア夏のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 100pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 392p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784286028767
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0021

内容説明

日本の成立から対外戦争を遡り、今日でも孤島の島国に引きこもりがちな日本の歴史視野を覚知させる。

目次

白村江の戦い(倭国の成立と大陸との関係;三世紀から四世紀にかけての朝鮮と倭国;朝鮮半島における「倭」の戦い ほか)
元寇(蒙古襲来)(唐の衰退と高麗の成立;モンゴルと高麗;日本侵攻への道 ほか)
秀吉の朝鮮侵攻(秀吉の天下統一(刀狩令と太閤検地)
秀吉の大陸への野心
宗氏の苦悩 ほか)

著者等紹介

豊田泰[トヨダヤスシ]
1924年栃木県に生まれる。1941年栃木県立真岡中学校卒業。1948年東京慈恵会医科大学卒業。1984年都立広尾病院定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。