以心伝心―炭鉱労働者から教師になった男の半生記

個数:

以心伝心―炭鉱労働者から教師になった男の半生記

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 273p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286027739
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

昨日まで汗と炭塵にまみれていた男を教室で待ち構えていたのは子供たちの澄んだ瞳だった。「誠」を旗印に教師に身を捧げた男が、今の教育界に一石を投ず。

目次


これからの若い人へ(身を知る雨;回転しながら活動しよう;人間は常変発電機・送信機・受信機である;「気」所感;「要素」所感;活仁;人は環境をつくる、環境は人をつくる;「竹」所感;欲深く考える人間)

著者紹介

太宰壽博[ダザイカズヒロ]
大正14年生まれ、室蘭工業専門学校採鉱科卒、学徒動員で三菱美唄鉱業所、戦後は九州にとび、古谷鉱業小倉炭鉱で坑内第一線の現場係で10余年炭塵にまみれた。昭和29年退職上京、江戸川区立の中学校事務主事を振り出しに、技術科教諭として区内4校に勤務、昭和60年に退職。平成3年群馬に転居、野菜・草花栽培、晴耕雨読の日々を送る。現在、館林・邑楽剣道連盟顧問。剣道5段錬士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)