痛みよ、さらば―モルヒネが救ってくれる

個数:

痛みよ、さらば―モルヒネが救ってくれる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月24日 19時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 171p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784286026909
  • NDC分類 916
  • Cコード C0047

内容説明

現役在宅緩和ケア専門医による貴重なモルヒネ反復服用体験記。怪我による、耐えかねるほどの激痛…。モルヒネに精通した著者ですら、最初の1錠を前に逡巡した。だが服用10分後、身動きもできないほどの激痛は消え、反復服用で普通の生活を取り戻した。医師だからこその服用記録。

目次

第1部 ドキュメント・医者がモルヒネをのむとき(こどもの日のアクシデント;そして悪夢は始まった;車椅子さっそうと街を行く ほか)
第2部 痛みに関するレクチャー(痛みって何だろう;痛みが起こるメカニズム;がんの痛みは怖くない! ほか)
第3部 生きるための緩和ケア(在宅ホスピスの日常;ベストセラーのような現場;看取り、そしてその後 ほか)

著者紹介

渡辺邦彦[ワタナベクニヒコ]
1959年7月9日生まれ。1978年獨協高等学校卒業。1984年獨協医科大学卒業。1990年獨協医科大学大学院修了(医学博士)。1991年日本脳神経外科学会専門医。獨協医科大学脳神経外科臨床講師、とちの木病院脳神経外科医長、栃木県立がんセンター脳神経外科医長・同緩和医療部部長代理。現在、医療法人陽気会在宅ホスピス・とちの木所長、栃木県立がんセンター緩和医療部コンサルタント、獨協医科大学非常勤講師。国立がんセンター生物学部、スイス・チューリヒ大学、フランス・リヨン国際癌研究機構にて脳腫瘍の研究に従事。ピースハウスホスピス(秦野)、オーストラリア・ニュージーランドで緩和ケア研修。1997年日本脳神経外科学会奨励賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)