日本人の底力―陸軍大将・柴五郎の生涯から

個数:

日本人の底力―陸軍大将・柴五郎の生涯から

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286026770
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

学び続けることが、絶望の淵にある五郎にとって唯一の光明とまでなっていたのかもしれない。戊辰戦争時、朝敵会津藩士の子となった少年五郎は、生死をさ迷う苦難の日々を送る。その後陸軍大将まで登りつめる。そこに流れているものは何か。不条理渦巻く世の中にあって、「人として何が大事か」に迫るヒューマンドキュメント。

目次

1 コロンネル・シバ
2 別離―会津戦争
3 土壌
4 出会い
5 軍人柴五郎―軍歴を追って
6 家族
7 軍人の中の軍人ということ
8 巨星墜つ

著者等紹介

小山矩子[コヤマノリコ]
1930年、大分県杵築市八坂に生まれる。大分大学大分師範学校卒業。東京都公立小学校教諭・同校長として40年教職を務める。その間、全国女性校長会副会長として女性の地位向上に努める。退職後、東京都足立区立郷土博物館に勤務。足立区の東淵江・綾瀬・花畑・淵江・伊興を調査し「風土記」を執筆する。この作業を通じて歴史的な事物に興味を持つ。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

氷菓子

1
薄い本なのでこれだけで柴五郎という人物を知るには物足りない。柴五郎に関して色々読んだが、その中で厳選するなら「ある明治人の記録」と「城守の人」の2冊。五郎が第二次大戦で徹底抗戦を支持していた事を知って本書の著者は失望したようだが、この2冊を読むと五郎が人命を軽視するような人物ではない事は一目瞭然。日中戦争の際は、このような中国人の尊厳を踏みにじるようなやり方ではこの戦争はこじれて負けるだろうという予見もしており、自国の力を過信していた訳でもないので盲目的な軍人の主張する徹底抗戦と意図は違ったのだと思う。2020/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/45185

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。