ある家族の物語―脳動静脈奇形破裂を乗り越えて

ある家族の物語―脳動静脈奇形破裂を乗り越えて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 183p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286026404
  • NDC分類 916

内容説明

先天性の血管異常から脳内出血を起こしたものの、なんとか命をとりとめた夫。車椅子の生活となった彼を支える中で、家族は…。新しい体を生きる夫と、支える家族の姿を描いた希望かがやく闘病エッセイ。

目次

運命の週末
エイプリルフール
春雷
熱い想い
もう一生元には戻れないという『告知』
水頭症対策
プリンの味
あの日に帰りたい
戸惑いの日々
念願の普通部屋へ〔ほか〕

著者紹介

きだかずこ[キダカズコ]
1954年、長崎県生まれ。1972年、長崎県立諌早高等学校卒業。1976年、福岡大学人文学部文化学科卒業。大学卒業後、福岡大学図書館に司書として4年間勤務。1987~1999年、株式会社エイボン・プロダクツ勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)