人間の記録<br> 加藤唐九郎―自伝 土と炎の迷路

個数:
  • ポイントキャンペーン

人間の記録
加藤唐九郎―自伝 土と炎の迷路

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 08時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784284700757
  • NDC分類 751.1

目次

生い立ち
青春の彷徨
個人作家をめざす
伝統に徹する
『陶器大辞典』編纂
永仁瓶子焼成・中国旅行
戦中戦後
文化芸術使節団・日ソ工芸展
やきもの三昧

著者紹介

加藤唐九郎[カトウトウクロウ]
1898~1985。愛知県生まれ。陶芸家。製糖工場を営む家に生まれ、幼少より焼き物に馴染み、陶芸家となる。志野茶碗「氷柱」を発表。その後、瀬戸、黄瀬戸、織部などを作陶、独自の作風を開拓する。また陶磁史の研究家でもあり、各地の窯址などの調査も行っている。「永仁の壺」問題で、無形文化財の資格を失い、公職からも離れ、作陶に専念するなど、波乱な人生を送るも、晩年はその作風に深みを増し、現代の名陶工の一人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)