人間の記録<br> 森下洋子―バレリーナの情熱

個数:

人間の記録
森下洋子―バレリーナの情熱

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784284700603
  • NDC分類 769.1

目次

プロローグ 「踊りに生きよ」
第1章 舞台の上で(レッスンから出発;トウシューズは生きもの ほか)
第2章 プロのバレエ・ダンサーとして(“食べていく”ということ;エンターテイメント精神 ほか)
第3章 バレリーナの生活(公演旅行;バレリーナと結婚 ほか)
第4章 『ライト』を踊って(予期せぬベジャールからの電話;ベジャールの新作は初めて“女性が主役” ほか)
第5章 ヌレエフという人(一度で完全に振りを覚える能力;一緒に踊りながら学ぶ ほか)
対談 小田島雄志vs森下洋子―舞台の後のビールが好き
エピローグ 『白鳥の湖』に始まり、『白鳥の湖』に終る

著者紹介

森下洋子[モリシタヨウコ]
1948~。広島県生まれ。バレリーナ。3歳よりバレエを始め、バレエ少女として人気を博す。1974年に清水哲太郎と組み、国際バレエ・コンクールで金賞を受賞。国内外で多くの舞台を務め、不世出のプリマバレリーナと称される。現在松山バレエ団団長。夫の清水哲太郎は松山バレエ団の総代表を務める。バレエ歴は55年を越え、長年にわたり、日本のトップバレリーナの地位についている。これほど長く第一線のバレリーナであるのは世界でも稀である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)