人間の記録<br> 埴谷雄高―影絵の世界

個数:
  • ポイントキャンペーン

人間の記録
埴谷雄高―影絵の世界

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 17時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784284700566
  • NDC分類 910.268

目次

魂の同質性
ロシア的雰囲気
オブローモフとペチョーリンとムィシュキンと“主義者”
ニヒリズムの容器
反抗の“夜”と“昼”―アナキズムとコンミュニズム
“政治への没入”の時代
灰色の壁
さかさまになった夜と昼―無職業の時代
戦争のなかの顔
検挙と数冊の本

著者紹介

埴谷雄高[ハニヤユタカ]
1910~1997。台湾生まれ。小説家・評論家。本名・般若豊。大学入学後アナーキズムの影響を受け、共産党に入党。農民運動に関わり検挙され、形式的な転向によって出獄。平野謙らと「近代文学」を創刊し、存在の秘密や大宇宙について語る形而上学的大長篇小説『死霊』を連載する。評論家としてはスターリニズム批判をし、60年安保世代に影響を与える。ドストエフスキーに多大な影響を受け、多くのドストエフスキー論も執筆した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)