人間の記録<br> 曽野綾子―天駈けるほどの軽やかな魂の自由

個数:

人間の記録
曽野綾子―天駈けるほどの軽やかな魂の自由

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 319p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784284700504
  • NDC分類 910.268

目次

1 生涯(不幸な家庭;過保護 ほか)
2 根底にある気質(対人恐怖・不信・怠惰;戦争体験から学んだ人間の無力存在の容認 ほか)
3 運命に導かれて(途上国への旅;輝く星としての、神父と修道女たち ほか)
4 作家として(作家への必然;文学的探求 ほか)

著者紹介

曽野綾子[ソノアヤコ]
1931年、東京都生まれ。本名・三浦知寿子。作家。幼稚園から大学まで聖心女子学院で学ぶ。22歳で作家三浦朱門と結婚。翌年『遠来の客たち』が芥川賞候補となり、文壇にデビュー。神、命、社会、戦争など幅広いテーマで人間を描く作品を次々に発表。その活躍は「才女の時代」と称され、文学史的には「第三の新人」に属する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)