人間の記録<br> 今村昌平―映画は狂気の旅である

個数:
  • ポイントキャンペーン

人間の記録
今村昌平―映画は狂気の旅である

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 03時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784284700450
  • NDC分類 778.21

目次

第1章 早熟な都会のお坊ちゃん(芸術家の血筋;父と母;幼な心に嗅いだエロスの匂い;田舎への憧れ;兄の戦死;東京はさっぱりした;早稲田の演劇仲間)
第2章 鬼の今平(闇市の三船敏郎;最初の師―小津安二郎監督;猛反対された結婚;陽気で闊達で軽薄で―川島雄三監督;回り道なんてもんあらへん;「重喜劇」の誕生;蛇の裏山;オールロケ、役者は素人)
第3章 常民を撮る神を撮る(南方へ―柳田民俗学に誘われて;汝ら何を好んでウジ虫ばかり書く;女の底知れない強さ;歌舞伎町の魑魅魍魎“探偵社”―今村プロ設立;「人間蒸発」 ほか)
第4章 創造の曠野へ(日本初の映画学校;己れの生き方が最高の教育 ほか)

著者紹介

今村昌平[イマムラショウヘイ]
1926~2006東京都生まれ。人間の欲望を独自のスタイルで描いた日本を代表する映画監督、脚本家。小津安二郎、川島雄三の助監督時代を経て監督になる。カンヌ国際映画祭では『楢山節考』『うなぎ』でパルムドールを2度受賞という快挙を成し遂げる。ファンや映画仲間の間では“イマヘイ”の愛称で親しまれていた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)