愛蔵版詩集シリーズ<br> 小熊秀雄詩集

個数:
  • ポイントキャンペーン

愛蔵版詩集シリーズ
小熊秀雄詩集

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 342p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784284700085
  • NDC分類 911.56

内容説明

庶民は言いたいことを「しゃべり捲くれ」と吠えた詩人が、時の権力の抑圧に抵抗し、人間の真の自由をうたった生命力溢れる詩集です。

目次

蹄鉄屋の歌
馬上の詩
ゴオルドラッシュ
乳しぼりの歌
きのふは嵐けふは晴天
魅力あるものにしよう
ふるさとへの詩
瑞々しい眼をもつて
トンボは北へ、私は南へ
なぜ歌ひださないのか〔ほか〕

著者紹介

小熊秀雄[オグマヒデオ]
明治34年(1901)北海道生まれ。大正5年(1916)3月、樺太泊居町(現・トマリ)の高等小学校を卒業。大正11年(1922)旭川新聞社見習い記者として入社。まもなく社会部記者となり、学校、警察、役所などを取材。ついで文芸欄も担当。昭和7年(1932)日本プロレタリア作家同盟(ナルプ)に参加。昭和10年(1935)5月、第一詩集『小熊秀雄詩集』を耕進社から刊行。以後、数々の詩作活動を行う。また、小説・エッセイ・漫画台本なども創作。昭和15年11月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

刊行は昭和10年5月、耕進社より刊行。民衆は言いたいことを「しゃべり捲くれ」と吠えた詩人が、時の権力の抑圧に抵抗し、人間の真の自由をうたった、生命力溢れる詩集です。