どう考える?ニッポンの教育問題<br> なぜ、人は平気で「いじめ」をするのか?―透明な暴力と向き合うために

個数:
  • ポイントキャンペーン

どう考える?ニッポンの教育問題
なぜ、人は平気で「いじめ」をするのか?―透明な暴力と向き合うために

  • 加野 芳正【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 日本図書センター(2011/09発売)
  • 【ウェブストア限定】和書・和雑誌・特選品ポイント2倍キャンペーン ※店舗受取サービスは対象外です
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに在庫がございます。

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり、出荷までに日数がかかることがございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 292p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784284304467
  • NDC分類 371.45

内容説明

だれか、「いじめ問題」について、わかるように教えてくれ!!いじめの誕生から、三度のいじめパニック、そしてそこから生まれた様々な理論までを徹底分析!いじめ問題を考えるための最初の1冊。

目次

プロローグ―「いじめ」の誕生
第1章 いじめ自殺の衝撃―三度の“いじめパニック”
第2章 ネットいじめ
第3章 “いじめ”のカタチ
第4章 なぜ、いじめは発生するのか?
第5章 学級集団といじめ
第6章 いじめ問題と向き合う
エピローグ
ブックガイド

著者紹介

加野芳正[カノヨシマサ]
1953年、岡山県生まれ。香川大学教育学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)