昆虫戯画 びっくり雑学事典―えっ!とおどろき、クスッと笑える

個数:

昆虫戯画 びっくり雑学事典―えっ!とおどろき、クスッと笑える

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 171p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784278084023
  • NDC分類 486.04
  • Cコード C8045

内容説明

トンボだって、カエルだって、アメンボだって波乱万丈、悲喜こもごも!めくるめく昆虫世界へようこそ!

目次

序章 昆虫ってなに?(昆虫は、この星で大成功している生き物です;地球史上、いちばん早く陸地にあがった生き物は、昆虫の祖先です ほか)
第1章 人気虫・強い虫のトホホな一面(アリの巣には、アリ以外の生物が勝手に同居している;なかには、働かない「働きアリ」がいる ほか)
第2章 そこらの虫のおどろきの一面(セミのオスのお腹の中は、がらんどうだ;すぐそばで大砲を鳴らしても、セミはまったくおどろかない ほか)
第3章 嫌われ虫の意外な一面(じつは、オスのカは花の蜜を吸う;ハエ叩きを余裕でかわす飛翔能力は昆虫界一 ほか)
第4章 身近にいるのに知られざる虫(海辺でくらすダンゴムシがいる;大海原でくらすアメンボがいる ほか)

著者等紹介

丸山宗利[マルヤマムネトシ]
1974年静岡生まれ(生まれただけで東京育ち)。九州大学総合研究博物館准教授。専門分野はアリと共生する昆虫のほか、胸部に突起がついた昆虫ツノゼミの研究にも力を入れている

じゅえき太郎[ジュエキタロウ]
1988年東京生まれ。イラストレーター、画家、漫画家。第19回岡本太郎現代芸術賞入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。