ウィーン原典版<br> モーツァルト4手のためのピアノ曲集 〈2〉 (新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

ウィーン原典版
モーツァルト4手のためのピアノ曲集 〈2〉 (新版)

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 127p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784276921856
  • NDC分類 763.2

出版社内容情報

モーツァルトの4手のためのピアノ曲集2。本新版では、第1ピアノと第2ピアノをスコアと同様に同一ページに上下に並べて掲載。

クローチェによって描かれた幼いモーツァルトと姉ナンネルが並んで1つの鍵盤の前に座っている有名な「家族肖像画」があるように、4手のクラヴィーア演奏はモーツァルトにとって重要な役割を果たしていた。このジャンルは、モーツァルトによって最初の興隆を迎えたと言われている。2台ピアノ用の作品に比べると、家庭的な用途をもつものだけに、軽やかさ、楽しさが際立った作品が揃っている。本エディションでは、第1ピアノと第2ピアノを見開き別ページ(オンラインで公開している『新モーツァルト全集』はこの方式)にせず、スコアと同じように同一ページに上下に並べて掲載しているので、全体の構成をつかみやすくなっているのが大きな特長。収録曲はモーツァルトのピアノ音楽において頂点をなす楽曲のひとつでもある《ソナタKV497》、第1奏者と第2奏者が交互に扱われる《ソナタKV521》、精妙な細部の味わいがある《アンダンテと変奏曲KV501》。

ソナタ Sonata KV497/ソナタ Sonata KV521/アンダンテと変奏曲 Andante with Variations KV501

【著者紹介】
音楽学者。ウィーン原典版の校訂者の中心的存在。