OBOE REPERTOIRE<br> プーランク オーボエ・ソナタ&エディット・ピアフをたたえて

個数:
  • ポイントキャンペーン

OBOE REPERTOIRE
プーランク オーボエ・ソナタ&エディット・ピアフをたたえて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 13時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 31p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784276921832
  • NDC分類 763.75

出版社内容情報

プーランクの遺作にして名作。N響首席奏者 青山聖樹による充実の解説付き。「エディット・ピアフをたたえて」を併録。

親しい友人であったプロコフィエフを偲んで1962年夏に作曲された名作であり、プーランクの遺作。作曲家の死後にオーボエのピエール・ピエルロとピアノのジャック・フェヴリエによって初演された。NHK交響楽団首席奏者であり指導経験も豊富な解説者は、Elegie(悲歌)にはじまりDeploration(哀歌)に終わるという特異な楽章構成をもつこの作品を演奏する上での指針と課題を明らかにする充実の内容。運指困難な箇所を容易にする替え指表を付した。初心者はもちろん、中級以上の奏者、音大生にとっても大きな指針となろう。また付録としてプーランクのピアノ曲中で最もよく知られる「エディット・ピアフをたたえて」のオーボエとピアノ用編曲(堀内貴晃編)を掲載。ピアフの歌唱を想起させる力強く美しい旋律は、歌と同じく息で音楽表現を紡ぐ楽器としてのオーボエの存在をあらためて印象づける。さまざまな機会に演奏可能。

プーランク オーボエ・ソナタ FP185
エディット・ピアフをたたえて FP176

【著者紹介】
インゴ・ゴリツキー氏のもとでオーボエを始める。東京芸術大学附属高校を経て同大学に進む。小島葉子、北島章の各氏に師事。在学中ハノーファー音楽大学に留学、シュトゥットガルト音楽大学を卒業。フィルハーモニア・フンガリカ及び新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者を歴任、2007年NHK交響楽団首席奏者に就任。武蔵野音楽大学准教授、東京藝術大学非常勤講師として後進の指導にあたる。