ミニチュア・スコア<br> ベートーヴェン/交響曲第8番ヘ長調作品93

個数:

ミニチュア・スコア
ベートーヴェン/交響曲第8番ヘ長調作品93

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年05月28日 08時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 112p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784276921450
  • Cコード C1073

出版社内容情報

ベートーヴェンの交響曲の中でも異色の作品。規模は大きくないものの、伝統的な枠組みを堅持しつつ独創性と革新性に溢れた佳品。

第7番と踵を接するように作曲された、ベートーヴェンの交響曲中、もっとも例外的な作品。規模は一番小さく、演奏時間も30分に満たない。他の曲に見られるような重厚さや劇的展開はなく、緩徐楽章も持たない。そして、唯一、誰にも献呈されていない。交響曲の伝統的な枠組みを堅持しているように見せつつ、ベートーヴェンらしい独創性と革新性を溢れさせた佳品として、広く親しまれている。次代を担うベートーヴェン研究者の解説は、この曲に関して当時から論じられていた「フモール」論に触れ、各楽章についても、構造(マクロ)とアナリーゼ(ミクロ)の両面から、縦横にその魅力を解き明かす。

解説 基礎データ――成立、試演、初演、出版、編成、おもな資料、おもな出版譜
   総論
   成立
   改訂
   初演とその後
   編成
   WoO162との関係
   「フモール」の概念と様式的特徴
   エディション
   各楽章の解説
    付・第4楽章構造分析表

楽譜 第1楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ・エ・コン・ブリオ
   第2楽章 アレグレット・スケルツァンド
   第3楽章 テンポ・ディ・メヌエット
   第4楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ

【著者紹介】
国立音楽大学准教授。東京藝術大学、同大学院修士課程を経て、博士後期課程を単位取得退学。ドルトムント大学博士課程修了。博士(音楽学)。2002~06年、ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生。2010年より現職。共訳書にハインリヒ・シェンカー『ベートーヴェンの第9交響曲 分析・演奏・文献』『ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第30番op.109批判校訂版 分析・演奏・文献』など。