学校音楽教育実践シリーズ
思春期の発達的特性と音楽教育

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 166p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784276311350
  • NDC分類 375.76
  • Cコード C1073

目次

序章 音楽教育のテーマとしての思春期(思春期の発達的特性と音楽教育;思春期の発達的特性に根拠をおく行動学習)
第1章 思春期の音楽教育を考えるための視点(小学校高学年児の発達的特性と音楽授業づくり;中学生の発達的特性と音楽授業づくり ほか)
第2章 自分自身を見つける音楽学習―自分を解放させる指導の工夫と教材選択(心を解放させる和太鼓;昔の人々の心情に共感する人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門」の鑑賞 ほか)
第3章 仲間とのつながりを感じる音楽学習―コミュニケーションを成立させる指導の工夫と教材選択(思春期の仮面性と器楽アンサンブル;創作における自己表現と協調性 ほか)
第4章 社会につながる音楽学習―今を生きる生活感情に即した指導の工夫と教材選択(知的探究を軸とする「山田耕筰の歌曲」の学習;地域の人たちとつながりをもった音楽づくり ほか)
終章