自分のためにうたがあるとき―音楽教育論集

  • ポイントキャンペーン

自分のためにうたがあるとき―音楽教育論集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 313p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784276310414
  • NDC分類 375.76

目次

子どもの遊びと音楽学習
音楽学習が遊びでなくなるとき
うまい演奏とよい演奏
できない子ができるとき
揃えることへの問かけ
〈わかる〉→〈できる〉→〈好き〉にどうしてならないか
ずれの図式と学習形態
管理される個
教師の寿命
研究会の授業風景
子どもの行動、教師の発言
遅れる子がいなかったら
学級全員が課題とかかわる
曲名と歌詞とイメージと
学級に目覚める
情報の蓄積と技術
沈黙を聴く
指導法にひそむもの
自分のためにうたがあるとき
1+2は誰が教えられるか
グループ学習によせて
「ふるさと」に思う
教師の表情
手拍子が告げるもの
縦笛とリコーダー
技を盗む
様式に基礎を置く教育課程の構築
音楽は好きだが授業は嫌い