• ポイントキャンペーン

沖縄音楽入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784276307032
  • NDC分類 762.199
  • Cコード C1073

内容説明

『歌と踊りの島』沖縄。琉球王朝の伝統を今に伝える古典音楽から島々の歌まで、その魅力を満載。『沖縄音楽』に親しむ格好の入門書。

目次

第1章 沖縄文化のキーワード(沖縄文化のアイデンティティ;中国と琉球、進貢船と御冠船;日本と琉球 江戸上り)
第2章 沖縄の古典音楽(歌詞の形;沖縄の歌と踊り;歌三線の人々)
第3章 アジアの中の三線(三弦の楽器を追って;三弦の伝来と受容)
第4章 島々の歌(八重山諸島の歌;沖縄諸島の歌;奄美諸島の歌)
第5章 沖縄音楽の現代

著者等紹介

金城厚[カネシロアツミ]
1953年山口県生まれ(両親は沖縄県出身)。1980年東京芸術大学大学院修士課程修了。小泉文夫、小島美子、柘植元一の各氏に指導を受ける。1970年代から沖縄各地のフイールドワークを続ける。専門は民族音楽学。沖縄音楽、日本民謡などの分析的研究など。1990年沖縄県立芸術大学助教授、2000年同教授。2003年東京芸術大学より博士(音楽学)。2005年第22回田邉尚雄賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たこ焼き

0
八重山諸島の唄が本島よりよいのは、本島より先に稲作文化が発達したから。唄と社会が密接にからみあっている証拠である。2019/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1180929

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。