和楽器・日本の音楽を楽しもう!―中学校3年間で多様な音楽体験を目指す実践事例集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 136p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784276307025
  • NDC分類 375.763
  • Cコード C1073

目次

第1章 和楽器・日本の音楽を扱うにあたって(和楽器・日本の音楽導入の意義;見通しをもった年間指導計画の作成;新しい評価の考え方に基づく授業実践)
第2章 短時間でもできる!必修授業の実践例(1000年以上も変わらない我が国の伝統文化に触れよう;我が国の伝統的な楽器、箏の音色の美しさを味わおう;三味線の生の音を味わい、みんなで体験しよう ほか)
第3章 多様な音楽体験への広がり!選択授業の実践例(自然界の音や日本人の心を豊かに表現する琵琶を味わおう;箏の音色の美しさに触れ、その魅力をアンサンブルで表現しよう;我が町に生きる人々の生活の中で生まれた音楽を、肌で感じよう ほか)

著者紹介

清水宏美[シミズヒロミ]
1963年東京都福生市生まれ。玉川大学文学部芸術学科声楽専攻卒業。東京都立川市立立川第六中学校、青梅市立泉中学校を経て、現在福生市立福生第二中学校に勤務。音楽の授業では、幅広いジャンル(合唱・鑑賞・器楽(ギター・ドラム・リコーダー・ハンドベル・箏・尺八・三味線・和太鼓など)・簡単な創作)にわたる指導を目指している