仮設住宅その10年―陸前高田における被災者の暮らし

個数:

仮設住宅その10年―陸前高田における被災者の暮らし

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ キク判/ページ数 350p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784275021274
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C3036

内容説明

東日本大震災から10年へ。日本の災害史上前例がない長期に及ぶ仮設住宅暮らしの実態を検証。地域福祉、都市計画、まちづくり、社会学、社会疫学等の研究者・実務家で構成される支援プロジェクト10年間の模索と提言。

目次

第1章 総論 仮設住宅その10年―陸前高田における変遷と被災者の暮らし
第2章 被災者の住まいとしての仮設住宅―応急仮設住宅建設の特徴と性能評価
第3章 被災者の身体とこころの健康の変化
第4章 津波で家族を失った被災者における悲嘆からの回復―それぞれの被災体験とレジリエンス
第5章 仮設住宅居住者への外部支援の役割と課題
第6章 陸前高田市の復興計画と復興事業の問題点―他市町村との比較から
第7章 住宅再建と地域再生への支援
第8章 逃げ地図づくりからアートプロジェクトへの展開
資料編