須恵村の女たち―暮しの民俗誌

須恵村の女たち―暮しの民俗誌

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 557p/高さ 22X15cm
  • 商品コード 9784275007704
  • NDC分類 384.6

内容説明

日本の農村研究は須恵村からはじまったといえる。ムラの女たちはどう生きたのか日本農村研究の歴史的名著の完訳!

目次

プロローグ 回想の須恵村
1 女たちの特徴とその世界
2 正規の婦人団体
3 対人関係
4 性―公と私
5 生活の実態
6 若い男女―成長
7 結婚・離婚・養子
8 妻と夫
9 母と父
10 少女と少年
11 身心障害者と不適応者・放浪者・魔女

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

massda

0
藤原さんがお別れの時にエラに言った言葉、「ここは山の中のさびしかところ。私が最初にここに来たとき、たいぎゃさみしかった。貴女は私の髪が白うなって、すっかり年ばとってしまう前に、また帰ってこなんなりませんよ」で泣いた。藤原さんは下ネタとエッチな踊りが得意な30代後半~40代の女性で、しばしばエンブリー夫妻をドン引きさせている本のなかで目立つキャラ。(夫妻も村人をビックリさせる言動があるのでドン引きはわりとお互い様)2019/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/252320

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。